fc2ブログ

TechnoProducer ビジネスに「効く」知財 Vol.85

TechnoProducer ビジネスに「効く」知財 Vol.85
--------------------------------
■■■
■■    TechnoProducer ビジネスに「効く」知財 Vol.85

    
 配信数:約5700 配信実績:2008年8月19日より隔週発行 
--------------------------------
■10月以降の関連イベント

●今回のトピック
・書籍紹介:「知的財産戦略」丸島儀一著
・若手知財担当者向け「知財戦略勉強会」のお知らせ
・立命館大学「発明講義」今年も開催

★HP http://www.techno-producer.com/

--------------------------------
●「現にここにいるこの私自身が、真実を測る尺度であり、判断基準なのだ」
-ゲーテ
--------------------------------

本メールマガジンは、エンジニアの方々、知財担当者、教育担当者の
方々にちょっとしたお役立ち情報を届けます。
・バックナンバー http://technoproducer.blog84.fc2.com/

お申し込みは、mail@techno-producer.comまで。


また、弊社の技術者向け知財教育カリキュラムの抜粋を、コラムにしております。
知財部で人材育成にあたられている方、技術者の方、若い部下をお持ちの方、ぜひ、
ご一読ください。

★コラム:ビジネスと知財
http://www.johokiko.co.jp/column/column_takahisa_kusuura.php


お知り合いの方や技術者の方に、是非ご転送、ご紹介下さい!

お願いします!



///////10月以降の関連イベント情報///////


★日米知財裁判カンファレンス
 日米の知財専門家、裁判官による各種ディスカッション、模擬法廷が開催されます。

・日時 10月26日(水)、27日(木)
・会場 ホテルオークラ東京

詳細、お申し込みはこちら。
http://www.ilcc.com/judicial_conference/program_ja.html


★「2011特許情報フェア&カンファレンス」のお知らせ

本年も、最新の特許・情報と知的財産関連の新製品・新技術情報を一堂に網羅する、
我が国最大の専門見本市「特許情報フェア&カンファレンス」が以下日程で開催されます。

・日程:11月9日(水)~11日(金)10:00-17:00
・会場:科学技術館(東京・北の丸公園)

弊社TechnoProducer株式会社は、本年も出展いたします。是非会場でお会いしましょう。

詳細は以下URLにてご確認ください。
http://www.business-i.net/event/pif/


★「知的財産マネジメント研究会(Smips)」
次回は11月12日(土)です。

予定詳細は、後日以下URLにて告知されます。
http://www.smips.jp/


★市場を支配し、高収益を産むための「先読み」「先回り」「先取り」戦略
~高収益企業クアルコムに学べ!バリューチェーンを支配し10年先まで勝つ方法~

 本セミナーでは、携帯端末用通信モジュールで圧倒的なシェアと高収益を誇るクアルコムの
事例を中心に、長期間にわたり高収益を確保するために必要な戦略の立て方のほか、従来の
経営学のフレームワーク(3C、5Fなど)に知財戦略を組み込み、具体的な活動に落としこむ
ための考え方を紹介する。

・日時:12月13日(火) 12:30~16:30
・場所:江東区産業会館 第1会議室 【東京・江東区】
http://www.rdsc.co.jp/maps/g.html
・主催:R&D支援センター

詳細、お申し込みはこちら。
http://www.rdsc.co.jp/seminar/111204.html



////////////////////////////


■「知的財産戦略」丸島 儀一著 ~ ついに発刊 

「知財界の巨人」丸島氏による知財戦略の本が、ついに上梓された。前半は氏の口癖
「技術の思想化」「攻めの権利」「守りの権利」の話。後半は「契約」「標準化」
「アライアンス」そして「訴訟」。知的財産が関わる領域すべてを網羅した大著。

知的財産の担当者は勿論、すべての技術者に読んで欲しい本である。

技術者向けの知財教育サービスを提供する、という弊社の立場からは、以下の部分が非常に
印象的であった。少し長いが、引用させていただく。


「研究開発は、知財形成で集結するという意識を植え付ける。・・・企業の研究開発が完結
するのは、その成果を知的財産として確保したときである。」

「知財部門が行うべき仕事の一つに、研究開発部門の人たちに対し知財センスを身につける
よう働きかけることがある。・・・権利情報を技術情報に転換する能力と発明を思想化する
能力のことを指す。」

「「権利情報を技術情報に転換する能力」というのは、特許を読み、そこに表されている
発明の本質を見抜き、それを別の手段で置き換える能力のことである。「第三者権利を超越
する能力」ということもできる。・・・技術情報を参考資料とし、独自の技術を生み出すこと
もできるし、同じ思想を最新の技術に置き換えることもできるようになる。」

「先行特許がたくさんあるからといって、そのテーマをあきらめるのは、素直だが企業では
役に立たない。先行特許の真似をして研究を進めれば、要領よく結果は出せるが、これでは
事業化できない。企業が期待するのは、先行特許の壁を超越して開発することである。」

「知財センスの二つ目の「発明を思想化する能力」とは、自分の発明をよりよい権利につな
げていく能力のことである。」


是非、ご一読を。



★若手知財担当者向け「知財戦略勉強会」開催のお知らせ

弊社では上記「知的財産戦略」をテキストに、若手知財担当者が知財戦略について学ぶ「勉強会」
を定期開催いたします。参加ご希望の方、ご興味お持ちの方は以下までご連絡ください。折り返し
担当から、詳細につき連絡いたします。

・連絡先 info@techno-producer.com 秋好(あきよし)まで



★立命館大学「発明講義」本年度も開始~今年はどのような発明が?

2011年度後期の「マーケティングリサーチ」講義として、今年も弊社楠浦の「発明講義」が
始まりました。全15回の講義で、特許検索、特許情報分析、それを踏まえた「権利化できる」
発明の創出を行います。徹底した情報分析と論理的思考により、確実にブレークスルーを行う
能力を身につけ、方法論をマスターすることを、最終目的とします。今年も3回生を中心に
40名程の学生が取り組んでいます。

発明テーマは、昨年同様「新しい靴を考える!」です。昨年は1件、そのまま商品化出来る
ような、素晴らしい発明がありました。先行技術をしっかり調べ、それを「超える」ことを
明確に意識して発明活動に取り組めば、斬新かつ実現可能性の高い発明が創出できることを、
多くの大学生に実感、実証してもらいました。

今年はどのような発明が飛び出すでしょうか?

乞うご期待。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★コラム:ビジネスと知財
http://www.johokiko.co.jp/column/column_takahisa_kusuura.php
▼周りの方に、ご紹介ください。コピー、転送大歓迎。
▼メールアドレス変更、配信停止は、mail@techno-producer.comまで。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

「e発明塾」へ!
e発明塾」サイト開設に伴い、「e発明塾通信」にリニューアルしました!
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示